ニュースNews

archive_list

category_list

クラウド型Webプラットフォーム「ECHO」、HTML5アプリの開発を支援するJavaScript向けSDKを本日リリース


報道関係者各位
プレスリリース
2015年07月16日
株式会社ニューロベイス

クラウド型Webプラットフォーム「ECHO」、HTML5アプリの開発を支援するJavaScript向けSDKを本日リリース

株式会社ニューロベイス(本社:東京都文京区)は、同社が開発・運営するクラウド型Webプラットフォーム「ECHO」において、本日新たにJavaScriptを対象としたSDK(※1)をリリースしました。
本SDKを導入することで、ECHOが提供する「データストア」や「会員管理・ログイン」といった多彩なサーバーサイド機能を、HTML5アプリから簡単に呼び出せるようになり、サーバーサイドの実装を行うことなくスピーディーなアプリ開発が可能になります。

クラウド型Webプラットフォーム「ECHO」: http://echopf.com/

========================================
ECHO JavaScript SDKの概要
========================================

ECHO JavaScript SDKでは、ECHOが開発者向けに提供するAPI(※2)を、JavaScript経由で操作するためのツールを提供します。
リリースの段階では、以下の操作に対応しています。

○メンバープラグイン (会員管理機能)
・メンバーのログイン・ログアウト
・メンバーの取得・追加・編集・削除
・ACL(アクセスコントロール)の設定
・グループの取得・追加・編集・削除

○ブログプラグイン
・記事の取得・追加・編集・削除
・記事カテゴリの取得・追加・編集・削除
・記事アーカイブの全文検索
・カテゴリの取得・追加・編集・削除

○データベースプラグイン
・レコードの取得・追加・編集・削除
・レコードカテゴリの取得・追加・編集・削除
・レコードアーカイブの全文検索
・カテゴリの取得・追加・編集・削除

また本SDKは、ブラウザ環境だけでなくNode.js(※3)環境にも対応しており、サーバーサイドで動作するWebアプリ開発にも使用することができます。

SDKの詳しい使用方法は、以下SDKガイドにて解説しています。
http://echopf.com/docs/sdk/js

========================================
クラウド型Webプラットフォーム「ECHO」について
========================================

○ECHOの特徴
ECHO(エコー)は、Webサイトやアプリの実現に必要なサーバーサイド機能をクラウド経由で提供するWebプラットフォームシステムです。
以下の3つの機能を併せ持っており、Webの開発から運営に至るまでをトータルに支援します。

・Webサイトやアプリをスピーディーに開発できる「Webフレームワーク」
ECHOでは、管理画面上で基本機能をブロックのように組み合わせることで、様々なWebサイトやアプリをノンプログラミングで構築することができます。
さらに、データストアを直接操作できるAPIも提供しており、独自のロジックを持ったネイティブアプリとの連携開発も可能です。

このECHO独自のフレームワークによって、「ニュースサイト」「ECサイト」「顧客管理データベース」「ゲームアプリ」など、様々なWebサイトやアプリをスピーディーに実現することができます。

・日々の更新・管理作業を効率化できる「コンテンツ管理機能」
複数人での更新作業を行うのに最適な環境を提供するマルチユーザー機能や、オフィスソフトとの連携、全文検索機能など、
日々のコンテンツの更新や管理作業を効率化できる各種データ管理機能が備わっています。

・効果的な運営を支援する「Webマーケティングツール」
ユーザーの行動分析から最適化までを支援するWebマーケティングツールが用意されており、リリース後の効果的な運営を支援します。

○ライセンス体系
ECHOのライセンス体系は、目的別に必要な機能のみがパッケージングされたスイート別に分かれています。
幅広い適用範囲を持つECHOを、目的に応じて無駄なく利用することができます。

・スタンダードサイト
コーポレートサイトやニュースサイトといった一般的なWebサイトを実現するのに最適なスイートです。
クラウド版ライセンス:[無料プラン][有料プラン:1,000/月-]

・ポータルサイト
会員登録やログイン等の機能が利用できるメンバープラグインが搭載されており、会員限定のWebサイトが実現できます。
クラウド版ライセンス:[有料プラン:5,000/月-]

・ECサイト
ショッピングカートや在庫管理・決済機能といった電子商取引に不可欠な機能が搭載されており、完全オリジナルのECサイトがクラウド上で実現できます。
クラウド版ライセンス:[有料プラン:3,800/月-]

・アプリケーションバックエンド
APIの利用に特化したスイートで、ECHOをネイティブアプリのバックエンドとして利用することができます。
クラウド版ライセンス:[無料プラン][有料プラン:2,000/月-]

========================================
今後の展開
========================================

既にリリースされているAndroidSDK及びJavaScriptSDKに加え、iOS、Unity、さらにIoT(※4)向けのSDKも随時公開予定です。
また、今後はマーケティング機能の強化を目指し、直近ではメールマガジン配信機能およびプッシュ通知配信機能をリリースする予定です。

 

※1 Software Development Kitの略。アプリケーションの開発を簡単に行えるようにするためのプログラミングツール。
※2 Application Programming Interfaceの略。外部のプログラムから機能やデータを呼び出すための手続きを定めた仕様またはインターフェース。
※3 サーバーサイドで動作するJavaScript。
※4 Internet of Things
の略。家電・自動車・建物などの現実世界に存在する様々なモノをインターネットに接続するビジョンまたは技術。

※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※ iOSは、Apple Inc.のOS名称です。
※ iOSは、Cisco Systems,Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 本リリースに掲載されている商品またはサービス等の名称は、一般に各社の商標または登録商標です。